保育所に入れられない!その理由とは?

待機児童問題の原因
子供を保育所に入れられないというのは、待機児童が多いことが理由に挙げられますが待機児童が増えているのには、女性の就業率の高さが挙げられます。子供の保育を主に行う母親も、現代社会では仕事をしている人が多いため保育所に子供を預けたいという家庭が多くなっており、それによって保育所に入ることができない待機児童が増えています。

また、保育所の数が待機児童の数に対して不足しているということも挙げられるでしょう。子供の保育を行うことからも、子供の声など騒音が発生してしまうこともあるでしょう。しかし、それらの問題から容易に保育所を新しくつくるということができないようになっているんです。また、保育所となるとそれなりの敷地がないと難しいのでスペースや騒音の問題などをクリアする場所をなかなか見つけることができないんです。

さらに、保育士が少ないというのも待機児童を生んでいる原因の1つです。保育士の仕事は、多くの子供の相手をすることからも体力が求められるのに加えて、責任も非常に大きな仕事です。仕事内容の大変さに対して、賃金が割にあっていないというのも保育士が不足している原因だと考えられます。施設の整備や、人材の確保が保育所に入れない子供を減らすためには求められます。

Links